不二家醬油ができるまで


はじまり。

日本の夜明けとなった明治維新。
九州の地においては、明治10年、西郷隆盛の率いる薩摩軍と政府軍との間で、
西南の役がおきました。

薩摩軍は熊本城の丘陵、田原坂を要塞化して政府軍の南下を防ぎました。
筑後地方の青年達も政府軍兵士として多数参戦し、旧八女郡内では11名が戦死したそうです。

筑後市尾島にある薩摩街道碑。薩摩藩が参勤交代に使用するルートとして使われていたそうです



そうした戦いが終わり新政府のもとで世の中がまわり出した頃、
筑後の地で小さな醤油屋が誕生しました。

それが不二家のはじまりです。

その後、現在に至るまで五代にわたり
九州筑後こだわりの味を大切に、手間ひまかけた醤油づくりを続けています。






私たちの想い。

日本には、昔ながらの古き発酵技術を守り続ける文化があります。

私たちもこの日本の良き伝統を後世に伝え守り、筑後の「美味しい」を
皆さまへお届けしたいと想っています。

明治後期に撮られた不二家に残る最も古い写真です。23名の蔵人の若衆の姿が映し出されています。
 
昭和初期の不二家。三輪車で醤油の配達をしていました。
友だち追加

 

 

不二家店主より

大切なお客さまへ

毎度ご愛顧いただきましてありがとうございます。 1896年(明治29年)創業以来、先代の味をまもり続けて参りました。 これからも九州筑後の味を皆さまへ届けて参りますのでご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

Top